コラム記事

  1. 将棋倶楽部24におけるponanzaの69連勝をどう見るか
  2. 将棋のルールは完璧か?:「最後の審判」が提起したこと
  3. 棋士の粘りと棋力:強い人は粘らせない?
  4. 棋士の手数とレート差:平均手数から棋力が分かる?
  5. “将棋の神様”ってなんだろう? 1:本居宣長と小林秀雄 2:完全解析と予知
  6. floodgateにおける手数とレート差:棋士との違いは?
  7. 手数分布はガンマ分布で近似できるか?
  8. 手数と進行度:あと何手?
  9. 一局面の合法手の最大数が593手であることの証明
  10. フィッシャークロックルールについて:規則に優劣はあるか?
  11. 将棋の消費カロリーは何ワット?
  12. 将棋の局面数 1:局面数は無量大数 2:分岐の迷宮
  13. 将棋の棋譜数:“10の220乗”説の真相!?
  14. 序盤の局面数:駒組みは宇宙の星々より多い?
  15. アルファベータ法の筆算:これであなたもコンピュータ!?
  16. 水平線効果は何が問題なのか?
  17. スイス式競技会:WCSC一次予選を例として
  18. 羽生名人が第2期電王戦に出場する確率は?
  19. 人間の値打ち 1:不正判定における許容リスク 2:統計的判定基準
  20. チェスの不正解析 1:Regan教授曰く 2:調査手法 3:固有レーティングとは?
  21. ニコニコ超将棋会議3五角は成立していたか?:合議と熟議
  22. 合議の効能:三人寄れば……
  23. 将棋は酔歩ではない?:酔歩模型と手数分布
  24. 評価値という数値 1:一歩百点? 2:勝率と酔歩模型
  25. 平均手数で分かる読みの類似度:floodgate棋譜集の分析
  26. 先手と後手:どちらが有利?
  27. ソフトの相性:ふたりの距離の統計的概算

今後の課題(TODO)

今後、調べていきたい課題を書いておきます。もし「こんなことも知りたい」ということがありましたら、コメント欄やツイッターでお知らせください。ただし、この研究所は一人で細々とやっているものなので、研究や発表には非常に時間がかかります。

  • 棋風について
  • コンピュータ将棋のモデル化について
  • 戦法・戦型の分類方法について